【スーパーの焼き芋はなぜ甘い?】3つの方法で家でさつまいもを甘くするプロの作り方レシピ

スーパーの焼き芋はなぜ甘いのか。今回は、スーパーの焼き芋を調査してきました。どうすれば「スーパーみたいな」焼き芋を家で作ることができるのか。最高の焼き芋の作り方を紹介します。

家でスーパーの焼き芋を作ろう!

もくじ

全国のスーパーで買える焼き芋がアツい!

365日、大手スーパーで「安く」購入できるのがいい。

最近は、どこのスーパーでも焼き芋が買えますよね。

特に、イオン系列のスーパーなら全国どこでも焼き芋を販売しています。

スーパーの焼き芋は安くて美味しいです。

もっと言えば、ドンキホーテでも100円程度で焼き芋が買えます。

安くて美味しい焼き芋がたくさん買える時代になりました。

スーパー以上に甘い焼き芋にする3つのプロの技

焼き芋は家でもプロ並みに簡単に作れます!

家で焼き芋を甘くする方法は、この3つです。

3つのプロの技

❶ 甘くなるさつまいもの品種を選ぶ

❷ 焼き芋にする温度が重要

❸ 採れたてよりも寝かせた芋がおすすめ

さつまいもを甘くする3つのステップ

STEP
さつまいもが甘くなる品種選び

さつまいもにも種類があります。

一番人気は紅はるか

スーパーでよく売られている「焼き芋」は、「紅はるか」や「シルクスイート」など、甘くなる品種が使われています。

特に、人気の品種が「紅はるか」です。

この品種は地域によって「甘太くん」や「紅天使」、「紅霧島」など呼び方が違います。同じ品種でも産地によってブランド芋として登録されています。

STEP
焼き芋にする温度が重要

焼き芋が甘くなる温度が重要。

焼き芋で最も重要なのが「温度」です。

家で焼き芋をするときに温度管理を「テキトー」にしてしまうと、失敗してしまいます。

手間暇かけて「ゆっくり低温で熱を入れる」のがポイント。

STEP
 採れたてよりも熟成させたさつまいもがおすすめ

さつまいもは「熟成させる」とより甘みが増します

さつまいもは「寝かせる」とより甘くなります。

収穫してから、1ヶ月から3ヶ月程度、休ませることで甘さがますイメージです。

家で焼き芋を作る一番おすすめの方法は「オーブンレンジ」

オーブンレンジで温度管理をするのが一番簡単です。

家で焼き芋を作るのなら「オーブンレンジ」が一番簡単です。

炊飯器や低温調理器で「ふかし芋」を作ることもできます。ただ、スーパーのような「焼き芋」にするのなら「オーブンレンジ」一択です。

炊飯器レシピが人気だけど

炊飯器で「焼き芋」はできません。

炊飯器レシピは「ふかし芋」は得意でも、焼き芋はできないので注意です。

オーブンレンジと電子レンジは違う

「オーブンレンジ」と「電子レンジ」は違います。

「オーブン」の機能がついているレンジが「オーブンレンジ」。

レンジの機能しかないのが「電子レンジ」です。

オーブンレンジの焼き芋レシピ

STEP
さつまいもを洗う

濡れたままオーブンに入れるとよりふっくらなる

STEP
オーブントースターにセットする

アルミホイルは巻く必要なし

オーブンプレートにアルミホイルを使うと汚れ対策になる

STEP
オーブン180℃で90分で開始

「予熱なし」でそのままスタートでオッケー

STEP
ゆっくり寝かせる

温度がゆっくり下がるまで「寝かせる」とより甘みが増す

STEP
できあがり

オーブンレンジでさつまいもを180℃90分でセットするだけで、お店の「焼き芋」になります。

STEP
さらに150℃ 60分の加熱でねっとり

もっと、ねっとりした焼き芋が好きな人は、さらに加熱するのもおすすめ。焼き芋屋さんは、この更なる低温加熱でねっとり仕上げています。

STEP
より糊化した焼き芋のできあがり

しっとり、べっとりするくらい糊化したさつまいもになる

「オーブントースター」よりも「オーブンレンジ」を使うのがいい理由は、温度調整ができるためです。

オーブンは温度を調節することができます。さつまいもの大きさに合わせて、170〜200℃程度の温度にします。時間は90分がわかりやすいです。

どうすれば家でスーパーの焼き芋が作れるの?

焼き芋が甘くなるのは、「糊化(こか)」するから。

さつまいもに含まれる「デンプン」が「糊化(こか)」することで甘くなります。

糊化とは、デンプンと水が熱によって糊(のり)状になることです。例えば、炊き立てのご飯が「ねっとり」して美味しいのも「糊化」している状態です。

デンプンとは、ブドウ糖と呼ばれる「糖」が連なっているモノです。このデンプンがアミラーゼによって分解されることで甘くなります。

アミラーゼの働き

アミラーゼの酵素による働きが重要です。

アミラーゼは、さつまいもの「デンプン」を分解して、「麦芽糖」や「オリゴ糖」を作り出します。

特に、麦芽糖は水飴に含まれる甘さを感じる成分です。アミラーゼの働きが活発化することによって、焼き芋が甘くなるわけです。

スーパーで焼き芋を買う方が安い?失敗しない?

スーパーの焼き芋は当たり外れがある

家で焼き芋を作るメリットは、「ハズレ」が少なくなることです。

スーパーで買う焼き芋は、「いつできあがったか」わかりにくいのが本音です。

このご時世、「誰が触ったかわからない」し「中身が小さくて損した」気分になるのももったいないです。

焼き芋を家で作れるようになれば、毎日、好きなときに「焼き立てのさつまいも」が食べれるようになります。

スーパーよりも安くさつまいもを買う方法

さつまいも農家さんから「直接買う」のがおすすめ

さつまいもを安く買う方法は、ネットで農家さんから直接購入すればいいです。

「どんな人が作ったかわからない」「どこの国から輸入されたか気になる」ような得体の知れないさつまいもを買うのはおすすめしません。

購入するなら生産者の方が見える「こだわりのさつまいも」を買う方がいいです。

ネット直販を使おう

私はネット直販で購入しています。最近、実際に買ってよかったさつまいもがこれです。

シェアしてね!
もくじ
閉じる